【Q&A】住宅ローンの月々の返済額はどれくらいなのでしょうか

Q.結婚3年目で1歳の子供がいます。そろそろマイホームをと考え始め物件をいくつかみてまわっています。ローンを組むこと自体が初めてなのでいくらぐらいの物件を購入するのがベストなのか、毎月の返済額はいくらぐらいなら無理がないのか、ぜひ先輩方にご伝授いただきたいと思いました。年収は450万円です。まわりはだいたい3000万円台の物件を購入しているようです。車の購入も考えているのでなるべく無理のないローンにしたいのですが、どうすればいいのでしょうか。

A.マイホームいいですね。自分の城を持つのは素敵なことです。住宅ローンはなるべく無理をしたくないという質問者様の考え方は正しいと思います。今は世界の経済状況も安定していませんし、いつ何が起こるかわかりませんよね。そんな時代に無理なローンを組むなんて正気の沙汰じゃないですよ。住宅ローンはその他のローンに比べると返済期間が長いです。30年後も今と同じ収入があるなんて思ってはいけません。

現在はご家族で賃貸暮らしですか。家賃はどのくらいですか。それをもとに毎月の返済額を考えてもいいと思います。年収が450万円の場合、いくらぐらいの住宅を購入するのが妥当なのでしょうか。負担率という言葉があります。負担率とは住宅ローンの年間返済額を年収で割ったものを言います。通常返済負担率は年収が500万円以下の場合は20%から25%が好ましいと言われています。年収が高額な場合は負担率30%ということもあるでしょうが、その高額な年収がいつまで続くかは誰にもわからないわけですし。年収450万円ならば借入は2500万程度がいいと思います。それ以上になるとなかなか厳しいと思います。

ちなみに頭金の用意はありますか。理想は500万円程度の頭金があり、それプラス2500万円で3000万円程度の住宅を購入することです。それに住宅ローンを組む際には諸費用がかかりますし、購入後も固定資産税などの税金を支払わなければなりません。そのうえ、車の購入まで考えているならやはり2500万円以上はやめておいた方がいいでしょう。これからお子さんの教育費もどんどんかかりますし。

毎月の具体的な返済額は住宅ローンの返済シュミレーションを活用しましょう。たとえば大手都市銀行で金利が約2.4%、35年ローン、ボーナス払いでだいたい月々の返済額は7~8万円です。実際にローンを組むということになればファイナンシャルプランナーなど専門家のアドバイスを受けることを強くおすすめします。長い人生のマネープランなど一人ひとりに無理のない返済計画を立ててくれると思いますよ。

住宅ローンを利用した場合の月々の返済額はシミュレーション可!

住宅ローンはどんなに少なくても数百万円、多ければ1億円を超えることもあるでしょう。その金額を毎月返済していくことになるのですから、簡単に決断することは出来ません。月々の返済額がいくらになるのか、総額いくら返済することになるのか、しっかりと考えて慎重に決断すべきです。30年という長期の返済になれば家族構成も変わってくるでしょうから、教育資金や老後の資金についても考える必要がありますからね。自分でちまちま計算するのは大変ですが、月々の返済額の確認はシミュレーションを利用することが出来るんですよ。

返済シミュレーションと呼ばれるツールは、銀行のホームページでも試すことが出来ますし、融資金額と金利、そして返済期間を入力するだけで結果を表示してくれる無料ツールを提供しているウェブサイトは多々あります。元利均等返済、元金均等返済それぞれのシミュレーションが可能となっているところもありますから、いろいろなパターンを試して自分が無理なく返済できる条件を探してみると良いですね。

返済シミュレーションを利用すれば単純に3000万円を30年間で返済するから毎年100万円を返済すれば良いのか、という計算が間違いであることに気づくでしょう。金利が固定か変動かによっても違うのですが、金利次第では30年間の返済で2000万円近い金利の支払をしなければいけないことも十分に考えられます。月々の返済額が分かるだけではなく、保証料や登記費用など諸経費がいくらかかるか表示してくれるところもありますから、是非試してみて現実を知っておくようにしたいですね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ※知ってお得※おまとめローンなら此処の厳選金融サイトからっ! All Rights Reserved.