【不安】家って誰でも買えるんですか

Q.うちは貧乏で狭い賃貸で育ったせいもあってマイホームを購入することが子供のころからの夢でした。でも、現在は一応正社員ではありますが、年収は300万円程度です。1年前に結婚しましたが嫁はパートでそんなに収入は多くありません。こんな自分でも家が買えるのでしょうか。身分不相応な豪邸を買うつもりはありませんが審査に通るのかどうか不安です。一応、フラット35に申し込む予定なんですが住宅ローンの審査ではどんなことに気をつければいいでしょうか。

A.わが国ではきちんと働いてさえいれば誰でも家を買うことができると思います。質問者様は年収が低いことを心配しているようですが、私の知人で年収が200万円台の人でも家を購入しています。ただ、年収が低い場合はいろいろ熟考してから住宅ローンを組んだ方がいいと思います。というのも、住宅ローンは他のローンとは違って支払い期間が30年近くに及びます。30年間の間、今と同じ生活レベルを維持できるとは限りません。もちろん年収が上がる確率の方が高いですが、仕事を失って収入ゼロになる可能性もあるわけです。それを踏まえた上で身分相応な物件を探されるといいでしょう。

住宅ローンですが、フラット35なら年収が300万円台でも問題ありません。フラット35の最大のメリットは何と言っても固定金利です。固定金利は民間の金融機関にもありますが多くの場合、通常より金利が高めになります。固定金利ですので借入時に、借入総額が確定するわけです。ですから、その後のマネープランを立てやすいと言えます。その他にも保証料や繰り上げ手数料がかからないこと、また購入する物件が建築の一定基準を満たしているか検査をしてくれることです。これなら購入する方も安心できますよね。返済途中で返済計画の変更も可能です。事情により返済が厳しくなった際にも相談に乗ってくれます。

フラット35に関して注意することと言えば民間のローンとは違い団体生命保険の加入が任意です。自分で加入して保険料を支払わなければなりません。その代わり保険に加入すれば契約者になにかあったときには保険が下りるので家族が家を失わずにすみます。

フラット35には省エネや耐震性など一定の基準を見たす優良住宅にはフラット35ssを利用でき、一定の期間金利の引き下げがあります。住宅ローンは借入額が高額ですからわずか数パーセントの差でも返済総額に影響しますので見逃せません。

家は方法次第で誰でも買える可能性がある!

家を買うというのは、とてもハードルが高く自分にはとても無理だ、そう考えている人も多いのではないでしょうか。確かに高額な資金を必要とするのが家を買うという事です。なかなかそんな貯蓄をしていくっていうのは難しいですし、ローンだって希望する金額を組めるのかどうか不安もあるでしょう。ですが、実は家って誰でも買える、そんな方法もあるんです。

誰でも買えるというと、とても簡単に家が買えてしまうと聞こえてしまうかもしれませんが、そういう事ではありません。住宅ローンを使って家を買うとき、自分がいくら借りることが出来るのかということを考える事から始めてみましょう。借りることが出来る目安、それは年収の5~6倍が相場だと言われています。つまり、年収が100万円だったとしても500万円はローンを組める可能性があるという事ですね。年収の5倍という金額は、無理なく返済できる金額と言われていますので、少し貯金をして頭金をしっかり納めることが出来れば、1000万円程度の家を買うという事は現実味が出てくるんですね。

また、20年ローンであれば月々の返済金額も3万円程度で済みます。家賃と考えればそこまで高額ではない金額ではないでしょうか。今、毎月安定した収入を得ているのであれば、家を買うということは大きな決断ではありますから、慎重に検討すべきものであることは当然です。勤務形態がパートやアルバイト、契約社員という事では収入というより安定性という点で審査に通らないかもしれません。ですが、難しい、無理だ、と諦めてしまうのは勿体ないですから、自分にも家は買える!その夢を追いかけて仕事をする、というのも良いかもしれませんよ。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ※知ってお得※おまとめローンなら此処の厳選金融サイトからっ! All Rights Reserved.